アップデート

プロフェッショナル版対応 フリー版対応

【注意】CS-Cartのアップグレードを行うためには、ご利用URLをライセンス認証サーバーへ登録する必要があります。

本体購入時に利用URLの申請を行っていない場合は、お問合せフォームよりお申し付けください。

※)URLの申請後、アップグレードが可能となるまでには1営業日お時間が必要となりますので予めご了承ください。


【注意】アップグレードを行う場合は必ずバックアップを


アップグレードを行う前に、「MySQL、CS-Cartに関連する全てのファイル」のバックアップを必ず行ってください。

  • MySQLデータベースMySQLデータベースのバックアップ方法phpMyAdminの 「エクスポート」 機能などを利用して、CS-Cart用DBの構造とデータをすべてバックアップしてください。
  • CS-Cartに関連する全てのファイルファイルのバックアップ方法専用サーバーなどでサーバーコマンドを使用できる場合には、 「cp」 コマンドなどでCS-Cartに関するすべてのファイルやディレクトリを非公開エリアにバックアップしてください。サーバーコマンドが利用できない場合は、CS-Cartに関するすべてのファイルやディレクトリをファイル転送ソフトを使用してローカルPCにダウンロードしてください。

バックアップが無い状態でアップグレードに失敗した場合は無償サポートの範囲外となりますので予めご了承ください。

※ CS-Cart本体のアップグレード中には更新対象となるデータベーステーブルとファイルが自動でバックアップされますが、日本語版のアップグレードについては自動バックアップは行われません。精度の面からも手動でバックアップを行うことをおすすめします


【可能であれば事前にテスト環境でアップグレードのテストを行いましょう】


アップグレードに関するトラブルを回避するため、まずはテスト環境にてアップグレードを実行することをおすすめします。

ご存知でしたか?

CS-Cartは本番環境に加え、テスト(開発)環境にもインストールすることができます。

本番環境と同じ内容のテスト環境を構築し、カスタマイズやアップグレードはまずテスト環境に適用して確認してください。
※ 作成可能なテスト環境は1ライセンスにつき1つまでとなります。
※ テスト環境はBasic認証などを使用して第三者からアクセスできないよう設定する必要があります。
※ アップグレードのテストを行うにはテスト環境用URLを事前に弊社までご連絡いただく必要があります。
※ テスト環境用URLは こちら から申請いただけます。


【CS-Cart日本語版v2.2.1-jp-1よりアップグレード方法が変わりました】

ご利用中のCS-Cartバージョンを確認して、以下のリンクよりアップグレードを行って下さい。
CS-Cartバージョンの確認方法は管理画面アドレスに引数「?version」を追加してアクセスします。
例)http://example.com/admin.php?version
※)管理画面のファイル「admin.php」を変更している場合は変更したファイル名に置き換えてアクセスしてください

CS-Cart日本語版v2.1系からのアップグレード

CS-Cart日本語版v2.2系より古いバージョンからアップグレードを行う場合は事前準備を行う必要があります。

v2.1系からのアップグレード準備へ >>


CS-Cart日本語版v2.2系のアップグレード


v2.2系のアップグレードへ >>

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>